「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


月刊センチュリー2014年2月号発刊

century_h1_20140207092516a8d.jpg


写真:月刊経営情報雑誌 CENTURY 2014年2月号

月刊経営情報雑誌センチュリーの2014年2月号が発売となりました。
 2月号の巻頭特集は「命にかかわる選択─新型出生前診断導入後を追う」。医療技術の発展に伴い、救われる命も、完治できる病も増え、私たちは多大な恩恵を受けています。同時に、その発展によって、私たちはこれまで以上に「命にかかわる選択」を迫られる場面が増えました。そして2013年春、新たに我々が直面することとなった「命にかかわる選択」が、「新型出生前診断」。妊婦の血液だけで、ダウン症など胎児の染色体異常を高い確率で判定できる診断だ。この診断が、安易な中絶につながるとして「命の選別」であると、波紋を呼んでいます。本稿では、診断が導入されて約1年が経ち、我々が直面している問題について考察してみました。

 企業特集においても、注目記事がいっぱいです。

 よろしくお願いいたします。
スポンサーサイト



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。