「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・センチュリー編集部・Hの雑記

センチュリー編集部のHです。


このあいだ、ある作家の小説を読みました。

私が読んだ作品は三島由紀夫賞受賞作品でして、
その作家は他にも色々と文学賞をとったり受賞候補にしょっちゅう上がっているのですが、
作風が独特なこともあって評価は賛否両論。
個人的には、全然嫌いではないですが特別好きでもありません。

同作家は、芥川賞の候補になった際には石原慎太郎氏と宮本輝氏から散々酷評されています。
三島賞の時も宮本氏は頑なに反対したが、筒井康隆氏がプッシュして受賞となったのだとか。

石原、宮本の両氏が反対して筒井氏が推したという情報だけで、
何となく作風のイメージは掴めるかと思います。
実際に読んでいて「石原慎太郎はこういうのすごく嫌いそうだな」と思いました。

文学賞受賞作品を読む時は、どの選考委員がどういった評価をしたのか、
なんてことも頭に入れながら読むと、また違った面白みがあるものですね。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://centuryofficial.blog.fc2.com/tb.php/46-8062402d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。