「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・月刊 センチュリー編集部・Hの雑記

センチュリー編集部・Hです。


先日、大阪人権博物館(リバティおおさか)に行ってきました。
同和問題を中心とする人権問題に関する資料を一般公開している施設です。

なかなか資料が充実していまして、なかでも印象的だったのが、
自殺してしまった中高生の遺書を展示しているコーナー。
その中のひとつに
「君が為 尽くす心は 水の泡 消えにし後ぞ 澄み渡るべき」
という言葉が残された遺書がありました。
どこかで聞いたことあるなと思って調べると、岡田以蔵の辞世の句でした。
きっと幕末が好きだったのでしょうね。

こういった施設に行ったのは小学校の社会見学以来のような気がしますが、
大人になってから見学するとまた違った印象を受けるものですね。
閉館時間の関係でゆっくり見られなかったので、また機会があれば行ってみたいと思います。
スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://centuryofficial.blog.fc2.com/tb.php/49-f851f30d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。