「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・月刊 センチュリー(CENTURY)編集部・Gの雑記

現代画報社・センチュリー(CENTURY)編集部のGです。


友達の家に遊びに行って帰るときに、
自分がその家を出てすぐ「ガチャッ」と鍵を閉められるの、なんだかすごくショックじゃないですか?
「お前がいなくなってせいせいしたぜ!」とあの無機質な音が語っているようです。

無論、相手はそんなこと考えてないでしょうし、
防犯のためにもすぐに鍵をかけたほうがいいんでしょうが、
やはりショックはショックです。

だから僕は、他人にあの拒絶の悲しみを味わわせないために、
来訪者が僕の家を去ってしばらくしてから、
極力音を立てないようにそーっと鍵を閉めるようにしています。

この気持ち、わかってくれる人はけっこう多いんじゃないでしょうか? 僕だけ?

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://centuryofficial.blog.fc2.com/tb.php/59-03a4faff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。