「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・月刊 センチュリー(CENTURY)編集部・Hの雑記

現代画報社 センチュリー(CENTURY)編集部のHです。

しばらくブログの更新をストップしておりましたが、マメに更新していきます。



本の紹介をします。
『オリンポスの果実』田中 英光

タイトルをご存じの方は多いかと思います。

ロサンゼルスオリンピックのボート日本代表に選ばれた主人公が、
走り高跳びの代表選手に片思いをするはなしです。
会場となるロサンゼルスまで船で向かうなか、
周囲の冷やかしやら主人公の葛藤やらがあり、少し甘酸っぱい感じ。

この話は実話がもとになっており、作者は実際に元オリンピック選手で、
その後作家生活へ入った異色の経歴の持ち主です。
元スポーツ選手だから、爽やかで健康的な作家かと思いきや、
いわゆる無頼派に分類される作家でして、なんとあの太宰治の弟子。
さいごは師・太宰の自殺に大きな衝撃を受けて睡眠薬に溺れ、太宰の墓前で自殺を遂げるという、
なかなか尋常ではない作家なのです。

体は大きかったそうですが、繊細な心の持ち主だったのでしょうね。
私はまだこの作品しか読んでいないため、他の作品も読んでみようと思います。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://centuryofficial.blog.fc2.com/tb.php/71-572a5ae6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。