「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・月刊 センチュリー編集部・Hの雑記

現代画報社 センチュリー(CENTURY)編集部のHです。


ふと思い出した、小学2年生くらいの時の話です。
カタカナの単語など、漢字で書き表すことができない言葉を
無理矢理当て字で書くという遊びをしていたことがありました。
その時のお題は「ゴジラ」。
友達と一緒に考え、一生懸命漢字をあてていたのですが、
小学校低学年の漢字力では「ラ」がどうしても難しい。
しまいには辞書まで引っ張り出してきて、なんとか漢字にしました。
それで担任の先生に「先生、見て見て」と、出来上がりをアピールしたところ、
「へー、辞書も使ったりして、こういう遊びは勉強になっていいかもしれんな」と感心。
しかし私たちとしては、「ゴジラを漢字にしたんだぜすげーだろ見てくれよ」という、
ごくごく単純な思いしかなかったので、勉強になるだとか頭の体操になるだとか、
大人目線の感想を述べられていっぺんに興醒めしてしまいました。
全然、的外れな感想に感じたんですね。

ただ、今自分が小学生から同じことをされても、
当時の先生と似たようなリアクションしかできないかもしれません。
子どもって難しいですね。


スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://centuryofficial.blog.fc2.com/tb.php/73-428ef165
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。