「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・月刊 センチュリー編集部・Sの雑記

現代画報社 センチュリー(CENTURY)編集部のSです。


今日、苦手なものが一つできました。
歳を重ねるごとに、嫌いなものや苦手なものは減るはずと周囲からは言われているのですが、
私の場合、年々増えていくように感じます。
食べ物でいうと、梅干し・トマト・柑橘類・タケノコ。
生き物でいうと、虫・カエル。
場所でいうと、高いところ・狭いところ・階段。
どれもこれも、小さいころは平気だったのに、だんだんと苦手になりました。

そんな私が今日、新たに「無理だ」と思ったのは、ハト。
今までは全く苦手意識なんてなくて、どちらかというと好きなほうだと思っていたのですが…。

きっかけは、休憩時間。
公園で一息ついていると、ベンチで隣に座った人がハトのためにパンをちぎり始めたのです。
気付いたハトが勢いよく集まってきたのですが、隣の人のところだけではなく、
私の周りにもばんばん寄ってきたのです。
何十羽のハトが足下で動く様子は、今までの穏やかな印象とはかけ離れたものでした。
ばらまかれたパンも無くなり、ハトの数が減った後でも、恐いと感じた印象は離れず…。
こうして、私の中の苦手なものリストに、新たにハトが追加されました。

苦手なものが増えるたび、自分の心が狭くなった気がして少し切なくなります。
これ以上増えないよう、何事にも動じず日々を過ごしたいものです。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://centuryofficial.blog.fc2.com/tb.php/78-5f286974
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。