「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・月刊 センチュリー編集部・Gの雑記

現代画報社・センチュリー(CENTURY)編集部のGです。


先日、季節外れの花火大会に行きました。
10月に花火大会なんてやって人が集まるのかと思いましたが、
約20分間という短い打ち上げを見るために、会場が一杯になるほどの人が集まっていました。

もう夕方6時には日が落ちる時期で、花火を待つ間も肌寒いくらいです。
それでもみんな、もうすぐ花火が上がるという期待を胸に、外に並んで同じ空を眺めています。

そして、司会者の掛け声の後に、1発目が打ち上がりました。

夏の熱気や、祭りの活気が伴わない花火はどこか味気ない気もしましたが、
見ているうちに、秋の暗い夜空に咲く花火に夢中になりました。
連続で打ち上げられたり、大きな花火が上がる度に、観客みんなが拍手します。僕もします。
思わず拍手せずにはいられない、そんな魅力がありました。

短い時間ながらも、大満足して家路につきます。
夏の夜の、あの甘ったるい“酔い”のようなものがないからこそ、
実は冷たく輝いているあの火花の、純粋な美しさを知れた気がしました。




スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://centuryofficial.blog.fc2.com/tb.php/79-6714c18b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。