「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・月刊 センチュリー編集部・Sの雑記

現代画報社 センチュリー(CENTURY)編集部のSです。


ここ最近、探しているお菓子があります。
それは、ジェリービーンズ。
あの、外が少しパリッとなっているカラフルなお菓子です。
久しく食べていなかったのですが、先日ある話を知ってから、急に食べたくなりました。

その話というのが、「レーガン元大統領が大のジェリービーンズ好きだった」ということ。
彼がこのお菓子にはまったきっかけは、奥様だったそうです。
元々、愛煙家だったレーガン元大統領の体を奥様が気遣い、禁煙させるために渡したのが始まり。
その後、彼はみるみるジェリービーンズの美味しさに夢中になり、
最終的には会議中にも大瓶いっぱいのジェリービーンスを机の上に置いていたとか。
もちろん、当初の目的だった禁煙にも成功したそうです。

レーガン元大統領をここまで魅了したジェリービーンズ。
私は昔、あまり好んで食べていませんでした。
そうして口にしてこなかったせいか、どんな味だったのか全く思い出せません。
なので、上記の話を知った時、改めて食べてみたいと感じました。

ジェリービーンズを探し始めて気付いたのですが、
このお菓子、なかなか売っている店舗が見当たらない!
類似品すら、売り場に並んでいないように思います。
確かに、私が小さいころも、さしてブームとなっていたわけでなかったような…
定着しづらいお菓子だったのでしょうか……。
もう、私の中でジェリービーンズへの興味は今さらながら膨らむばかり。
もうしばらくは、近くのお店で探し回る日が続きそうです。

スポンサーサイト


コメント


コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する


トラックバック

トラックバック URL
http://centuryofficial.blog.fc2.com/tb.php/81-d36ab18c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。