「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」の公式ブログ
「月刊CENTURY(センチュリー)」の編集者が制作にかける思いを綴ります

プロフィール

「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」

Author:「現代画報社」発行「月刊センチュリー(CENTURY)」
「現代画報社」が発行する「月刊CENTURY(センチュリー)」編集部です。
取材や雑誌に関するお問い合わせは06-6536-7102まで。



リンク

このブログをリンクに追加する



カテゴリ



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



検索フォーム



RSSリンクの表示



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


現代画報社・月刊 センチュリー(CENTURY)編集部・Gの雑記

現代画報社・センチュリー(CENTURY)編集部のGです。


最近、仕事の合間にブドウ糖を嘗めています。

ブドウ糖は身体を動かすエネルギー源の一つでして、人体には欠かせないものです。
人体のエネルギー源としてはタンパク質や脂肪などもありますが、
このブドウ糖のすごいところは、脳みそが受け付ける唯一のエネルギー源であるところ。

つまり、脳みそはブドウ糖がなければ動きません!

仕事で文章をたくさん書いていると脳みそが「もう限界だ〜」と悲鳴を上げそうになりますが、
そんな時はきっと、栄養が足りていないのでしょう。

ですから、ブドウ糖を一口ぱくりするのです。

センチュリーのみんなにも定期的に配布しています。
ブドウ糖で脳のエネルギーチャージしたセンチュリーの面々は、
顔つきがキリッとして姿勢が良くなり仕事の能率も格段にアップしているような気がするので、
やっぱりブドウ糖はすごいのです。





現代画報社・月刊 センチュリー(CENTURY)編集部・Hの雑記

現代画報社・センチュリー(CENTURY)編集部のHです。


10日ほど前ですが、作家のダニエル・キイスさんが亡くなりましたね。

まだ読書習慣があまりなかった中学生時代の私が好んで読んだ、数少ない作家。
「アルジャーノンに花束を」「24人のビリー・ミリガン」「五番目のサリー」など読んだものです。

特に「24人のビリー・ミリガン」が好きでした。
同作品を読んだことががきっかけで
心理学や精神病についてなど興味を抱くようになり、
大学は心理学科に入りました。

こう考えるとかなり影響を受けています。


訃報は残念ですが、きっと作品は後世も読み続けられることでしょう。




現代画報社・月刊 センチュリー編集部・Hの雑記

現代画報社・ センチュリー編集部のHです。


食の趣味は年齢と共に少しずつ変わっていくもので、
肉→魚→野菜の順で、そのうまさに気付くのだと聞いたことがあります。

私は今ちょうど魚のあたりでしょうか。
以前ほど肉を食いたいと感じなくなってきました。
魚介類を食べたいと思うことの方が多いです。

もちろん肉は好きですが、霜降りの牛肉よりも
親鶏のやきとりを食べたいという感じ。

野菜では根菜が好きですね。
特に蓮根なんかすごくうまいです。

結局、肉も魚も野菜も好きなんです。

きっと世の中にはまだ食べたことのない食材がわんさかあるでしょう。
一生のうちにできる限り色んなものを食べてみたいですね
(カンボジアとかで食べられてるタガメ料理なんかはパスで)。

ずいぶん食いしんぼうなブログになってしまいました、
お腹も減ったのでこので辺で。



現代画報社・月刊 センチュリー編集部・Gの雑記

現代画報社・ センチュリー編集部のGです。


久しぶりに、釣りに行きました!
大阪・南港の海釣り公園に行ったのですが、
朝から家族連れで大賑わいでした。

水が大変濁っており、「おいおいこの海大丈夫か……」と不安になりましたが、
まあ魚を食べて身体に影響があるならこんなに人は集まらないだろうと、いざ釣りを開始。

なかなかに肥えたカタクチイワシがよく釣れました。
合間合間にサッパという魚も釣れ、二時間で42匹もの収穫!
これ以上釣っても食べきれないと、早々に引き揚げたくらいです(笑)。

イワシはほとんど同行者に譲り、私はサッパをもらいました。
このサッパ、小骨が多くて食べにくいからと、東日本では釣れてもあまり喜ばれないのだとか。
しかし、実はなかなかに美味しい魚なのです。

岡山県では「ママカリ」という方言で呼ばれており、
その理由は「ママ(御飯)をカリ(借り)に行くほど美味しい」からだそう。
大阪のスーパーでも、ママカリの酢漬けは良く売られています。

今回は私も、サッパ(ママカリ)の酢漬けにチャレンジ!
丹念に下ごしらえをしてから、二日ほど漬けます。

そしてお待ちかねの実食……ううむ、美味い!
さっぱりした身が酢で引き締まっていい塩梅です。小骨もまったく気になりません。
これはたしかに、飯を借りにいきますね。

ただ正直、お米よりもお酒がほしくなるような味でした(笑)。
やっぱり自分で釣った魚を食べるのは良いものです。





現代画報社・月刊センチュリー編集部・Kは時代遅れ2

現代画報社・月刊センチュリー編集部・Kです。

日曜日のサッカー観ました?
むむむ...負けちゃいましたね。
以前ここで、知ってる代表選手と言えば、
井原、名波、ゴンと書いて時代遅れっぷりをさらけ出し、
この大会で選手の名前を覚えると言いました。

覚えました。
本田、香川、内田、大久保。
次の試合のみなさんの活躍次第で、さらに増えるでしょう。
あと、敵チームだけど、ドログバさん。
偶然、数日前に彼の特集をニュース番組で見たんです。
国民的英雄で大統領より影響力があり、
内戦を止めた、と。
すごいな、、、この人を応援しよう!
と思ったものでした。
で日曜日。観てたら敵チームにいるじゃない。
ドログバさん!本田!内田!

サッカーのルールは分かりません。
でも、たのしかったです。

次はいつですかね?








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。